自己破産に強い東京の弁護士ガイド ※信頼できるおすすめ弁護士

自己破産の手続きのための必要書類は?

 

自己破産をする際には、様々な書類が必要になります。

 

大別すると、そのまま提出するものと、
用紙を裁判所から入手して作成してから提出するものがあります。

 

そのまま提出するものには、その人によって異なってきます。
住民票や戸籍謄本、市民税や県民税と言った住民税の課税証明書、
口座通帳のコピーは共通で必要です。

 

また、これら以外にも該当する場合があれば、
給与明細と源泉徴収票のコピー、退職金の支払い証明か見込みの計算書、
不動産登記簿謄本、賃貸契約書のコピー、自動車や自動二輪車の査定書、
車検証のコピー、保険証券のコピー、保険解約返戻金証明書、
年金や生活保護の受給証明書のコピー、財産分与明細書、財産相続明細書、
そしてクレジットカードも提出する必要があります。

 

作成する必要のある提出書類には、まず破産申立書・免責申立書があります。
そして債権者一覧表、借金に至る理由や今後の目標などを記す陳述書、
財産目録、直近2~3ヶ月の家計簿があります。

 

注意点としては、裁判所によって書式が違ったり、必要な書類も変わってくる点です。
事前にしっかりと準備をして書類に不備がないようにしなければなりません。

 

分からないことがあれば、法律事務所に問い合わせて弁護士に相談してみましょう。
また、弁護士に依頼すれば、弁護士の方で書類作成をしてくれるものもあります。